白神アソシエイツトップページ たくみの会 tafメソッド

子供たちの未来のために。大人たちの未来のために。

tafメソッド (たふめそっど)

正式名称: たくみの会体感フィジカルトレーナーメソッド

 

1.tafメソッドとは

   tafメニューに、裏付け理論と指導方法を加えたものを
   tafメソッド
と呼んでいます。

   tafメソッドtafメニュー
           +裏付け理論
           +指導方法(身体理論コンセプトを踏まえた体系的アプローチ)

   tafメソッドとは、たくみの会体感フィジカルトレーナーメソッドの略称です。

   トレーナーの方々にライセンスとして付与するものです。
   たくみの会体感フィジカルトレーナーメソッドライセンス。
   略称、
tafメソッドライセンス

   トレーナーとは、ボディワーカー、フィジカルトレーナー、スポーツコーチ、整体師、
   柔道整復師、武術・格闘技指導者などの
   「運動をする人に対して指導する人」を指します。

 

2.tafメソッドライセンス

   所定(2日間)の講習会を受講した方にライセンスを付与します。
   たくみの会体感フィジカルトレーナーメソッドライセンス講習会
   (
tafメソッド講習会)

   講習会参加の条件は、たくみの会セミナー2回以上の参加となっています。

   tafメソッド講習会を受講していただくとライセンスを付与させていただきます。
   tafメソッドライセンシー(愛称、タファー)となります。

   【tafメソッドライセンス】の特徴
   @ライセンス取得後、いつでもどこでもtafメソッドを使用することができます。
   A使用する都度のライセンス使用料は発生しません。
   B更新はありません。永久ライセンスです。
   Cライセンス取得後にもtafメニューの範囲を増やすことができます。
     たくみの会の一般セミナー、定期特別研修pmj、合宿等で
     新しいtafメニューの発表を都度行っています。
     その場にtafメソッドライセンシーが居合わせた場合には
     その新しいtafメニューの指導権利を獲得できることになります。
   Dライセンス取得後に指導スキルをブラッシュアップすることができます。
     たくみの会の一般セミナー、定期特別研修pmj、合宿等で
     tafメニューを活用した演習や
     達人素材とともに tafメニューを活用した「たくみの会流体術」演習を
     行うことがありますので、
     その場にtafメソッドライセンシーが居合わせた場合には
     指導を受ける立場での理解の深まりだけでなく
     指導する立場でも他の参加者に対して指導体験を積むことができますので、
     指導スキルをブラッシュアップできます。
   Eライセンス取得後には、たくみの会セミナーの受講意義がまったく
     新たなものになります。すべての学びがtafメソッドに吸収され
     すべての学びがtafメソッドを使いこなす自らのありようのブラッシュアップ
     という受講意義へと変わります。
    

   なお、tafメソッド講習会は「トレーナーになるための講習会」ではありません。
   「すでにそれぞれのジャンルにてトレーナーである人」のための講習会です。
   トレーナーが教える「技」「動き」「トレーニング方法」の前に
   「指導を受ける人のありよう」にアプローチするというものです。

   ライセンスのキャッチコピーは
   「技の指導の前に、動きの指導の前に、やることがある。ありよう指導だ。」
   「子供たちの未来のために。大人たちの未来のために。」

 

3.tafメソッドの特徴

   tafメソッドトレーニングではありません。
   トレーニング前の切替スイッチです。
   もともと出来ることを、もともとそうであることを実現しますので、
   言わば遺伝子のスイッチですね。
   いくら素晴らしいトレーニング方法でも
   その時の思考と体が不自然のままであればフィジカルを壊しかねません。
   優れた体を作ると思いきや駄目な体になる可能性があるのです。
   そのトレーニングを、その動きを、その技を、本来のものにするには、
   tafメニューによる「本来の自然な習慣」が必須です。
   それを指導するメソッドがtafメソッドです。
   よって tafメソッドにより、技、動き、トレーニング方法の、質がクオリティが
   すこやかさがスムーズさが一新される可能性があるというものです。

 

4.tafメソッドライセンシー(タファー)について

   2017.07.29-30の東京講習会にて6名がライセンス取得済み。
   東京4名、千葉1名、福岡1名。

   2017.10.22-23の京都講習会にて
   11名(京都3名、愛知1名、岐阜1名、千葉2名、滋賀2名、大阪1名、東京1名)
   
が取得予定。

   上記の京都講習会までが一期生です。二期生の募集は近日行う予定です。

 

5.タファーからの報告例

 ● サッカークラブチームに所属している15歳のM君、
   tafメソッド以降に練習参加していて
   サッカーのコーチ陣からMの動きが違うと噂になっているようです。
   (M君のお父さんからの情報)
   昨日、本人にも話を聞きましたが
   tafメソッドを体験した時(二週間前)から
   とにかく走る感覚が全然違うとの証言。
   ダッシュが速いし、風の感じ方がいい感じとのこと。
   影を抜く体験をしてから、      
   練習や試合で相手が止まってしまい
   楽々と相手を抜けるような体験も頻繁に起きているようです。

   ※「影抜き」はtafメニュー7番

 ● tafメソッドの 「カウントアップ」と「伸筋落胆メソッド」。
   整体院では、手の上げ下げなどの動きの感覚の違いを確認しました。
   自宅に帰られてからの練習時に、今まで出せなかった音が出せるようになった。
   (かなり詳細に表現してもらったんですが言葉が残ってません。ごめんなさい)
   これまで、演奏の時に前腕の筋肉を多く使っていたのに気がついたそうです。
   理想の動きに近づいたとの事です。

   ここまでが、確認を合わせても2種類。
   10分ほどのtafメソッド。

 

 ● 本年の9月から、海外(フィリピン)からの長期研修生に対して
   日本語の教育を毎週3回のペースで昼休みのみ20分程度行っております。
   現在勤務している会社の設計部門に所属するメンバーばかりで、
   製造部門からの研修生とは若干違いがありますので、
   学習意欲はかなり高いと言えます。
   今回は統計的な裏付けは薄いですが、
   JLPTの4級テキストの問題を使いtafメソッドの効果を確かめてみたくなり
   全8名に対して簡単な実験を実行しました。

   @被験者(?)に対し
     「これから思考を含め人間全体の能力を
      瞬時にアップするスイッチをONにする方法を伝えます」
     と言って、カウントアップを適用しました。

   A最初に身体での効果を体験させるため
     研修生の1名を指名し
     腕相撲をカウントアップのビフォー、アフターで実施比較。
     当たり前ですが人種とか民族は関係なさそです。
     信じられないという顔をしていましたので
     研修生同士で腕相撲をやってもらいました。
     (場所が食堂なのであまり派手なことができないのですが…)
     もちろん効果ありです。

   B次に時間がないので早速問題をやってもらいました。
     taf有りと無しで問題を5問ずつ全員にやってもらいました。
     8名の合計点のみ記載します。
     手元に個人別データがないのでバラツキ評価が入っていませんが、
     取り敢えず初めての数値評価なのでトライアルとして
     ご理解いただきたいと思います。

     taf有り:正解数/全問題数=32/40=正解率80%
     taf無し:正解数/全問題数=28/40=正解率70%

     結果として単純比較ではtaf有りが無しより
     約14%向上したように見受けられます。
     実際、解答にかかる時間は計測していませんが、
     taf有の方が無しに比べ、テキパキできていたように見えますし、
     また集中している様子も違いがありました。

   次回は問題の難易度に左右されないよう
   実験計画法に基づいた実験実施や、時間等の計測などを含め
   信頼性の高いデータが取れるよう工夫したいと思います。
   今回は思い付きの割に短時間で面白い実験ができたと思います。
   余談ですが研修生の中に同じ部署(QMSではなく環境関連)で働く女性が
   1名いるので、席に戻ってから会議室でカウントアップを使って
   私が両手を重ねて女性にパンチをやってもらいましたが、
   taf無しでも結構良いパンチを繰り出してきましたが、
   taf実施後のパンチは威力倍増で危うく後ろへ飛びそうになりました…

   以上簡単ですが先日の様子を報告いたします。
   宜しくお願い致します。

   ※「カウントアップ」はtafメニュー6番

 

tafメソッドライセンスにご興味があれば別途お問合せください。

タファー必携のバイブル→ありようDVD

 

tafメソッドとtafメニューの関係は「たくみの会研究体系図」にてこちらから

たくみの会の活動内容に戻る       tafメニューはこちら