組織&意識 Dig up!経営コンサルタント 有限会社白神アソシエイツお問合せ・ご感想

トップページ たくみの会 自分マネジメント

人も組織も能力は無限である。

こんにちは。
フィジカルマネジメント研究会
「たくみの会」代表の白神康信です。

コンサルティング依頼はこちら

私は、自分の体験から、人の能力は無限である、と確信しています。もしも、あなたが、自分には才能がないのかも?と思うことがあれば、それは「魅力や才能を引き出す方法やカリキュラム」が良くないのです。私は、たくみの会という研究会を主催して、今までに多くの人の魅力や才能を引き出すカリキュラムを発見しました。多くの人が自分の才能を信じられる時代が来たのです。
あなたも「フィジカル(身体)」から自分を変えてみませんか?

行動の問題?

 

Dig up! って何?
教えないコンサルタント!?
自分マネジメント:Selft Management 体がゆるむと人生が深くなる?体から始めよう。自分マネジメント!

あなたは、「頭」で考えますか? 「体」で考えますか?

フィジカルマネジメント研究会 「たくみの会」 とは・・・

そうフィジカル(体)から自分マネジメントを研究する会です。
自分マネジメントとは「自分の魅力を最大限に引き出すこと」です。

※ 本ページでの研究会の様子は、
  たくみの会設立の1993年からYouTube動画公開を起点とした
  全国展開開始の2008年頃までの「たくみの会の原点」を
  紹介しています。
  本ページで紹介している「シンクロ・エクササイズ」は現在の
  たくみの会セミナーにて適宜取り入れています。
  現在のたくみの会のご案内はこちら

  たくみの会YouTubeチャンネルはこちら

★絶賛発売中★
知覚を操るDVD

うまく行かないのは知覚が開いていないから?
←画像をクリック!

★絶賛発売中★
たくみの会メソッド入門DVD

たくみの会が研究していることは?
←画像をクリック!

★絶賛発売中★
たくみの会メソッド実践DVD

たくみの会が研究しているの実践とは?
←画像をクリック!

★絶賛発売中★
フィジカルマネジメントDVD

体が簡単にゆるむ呼吸法体操とは?
←画像をクリック!

★絶賛発売中★
触感123DVD

接触を行動心理学で解き明かす。とは?
←画像をクリック!

★絶賛発売中★
触感123DVD 第二章

接触を行動心理学で解き明かす。とは?(完結編)
←画像をクリック!

★絶賛発売中★
介護動作セミナーDVD

自分も楽、相手も楽な介護動作とは?
←画像をクリック!

ある日、当研究会の参加者に私が質問をしたんです。

「なぜ、この研究会に参加しているんですか?」
「体が気持ちいいんですよ。それをもっと維持したいからですねえ。
体がゆるむと気持ちがスーッとゆるむんです」
「体がゆるむと気持ちがスーッとゆるむんです」と言って彼は人生を語り始めた。

その後に続けて、
「今では悩みはまったくありません。悩みが悩みでなくなるって感じですかねえ。以前は、家族に何かあったらどうしよう。自分の父親に何かあったら、母親に何かあったら、子どもに何かあったらどうしようって、心配ばかりで毎日が楽しくなかったんです。でも今は違います。なったらなったときのこと。そのときに何とかしたらいい、何とか出来るよと体が言っている感じです。 ですから頭の中は楽しいことでいっぱいです。そう自信が持てたとも言えます。今まで、人との比較ばかりをしてきた自分がいました。あいつよりも俺が上だの、あいつには負けてるだのって。でも今は自分に自信がありますので、自分をどうするかですね。もっともっと自分を高めて生きたい。そう人生が深くなるっていうか・・・」

あなたは、こんなことはないですか?

  • 悩み過ぎて頭の後ろがズシンと重い。
  • これが起きたらどうしよう、あれが起きたらと心配が尽きない。
  • どうせ自分はこの程度と決め付けている。
  • 自分の才能を信じたいが今ひとつ自信が持てない。
  • 最近思いっきり笑ったことがない。
  • いつも緊張している気がする。
  • 人との比較ばかりをしている気がする。

そう誰にもありそうですよね。でもこれを「そう考えすぎるな」とか「緊張しないでリラックスして」「自分を信じなくてどうする」などと心に心で言い聞かせてもうまくいかないことも多いでしょう。むしろ逆効果でさらに考えすぎたり、緊張したり、悩んだりするかも知れません。

でもこうなったら嬉しいですよね。

  • 悩みを悩みと感じない。それが起きればそのときに何とかすればと思う。
  • 頭の中は楽しいことでいっぱい。
  • 気持ちがゆるんでいるので、お客さんへの接客がとてもスムーズにいく。
  • 何でもできる、という感覚がある。だから好きなことをしている。
  • 人と比較するということはなく、自分の中に確かな自信がある。
  • 思い通りに生きている。

もちろん、心に心で言い聞かせてもこうなることも多いと思います。
もう、その状態だという方はこれ以上読んでも意味がないかも知れません。
でも、なかなかそうはいかないで悩み過ぎの人、自分に自信がない人はもっと読み進めてみて下さい。

では、ちょっと視点を変えてみましょう。心と体は関係しています
心からのアプローチではなく、体からのアプローチはどうでしょう。

あなたの体はこんなことはないですか?

  • すぐに疲れるし、中々体の疲れが取れない。
  • シャーペンを強く握りすぎて指が痛い。
  • 長時間の運転はきつい。
  • パソコンを打つ指がバンバンとキーを叩いている。
  • 座っている状態から立つのがおっくうに感じることがある。
  • よくイライラしている。
  • 怒りっぽいと言われる。

これは体の中に「力み」がある証拠です。筋肉が緊張したままじっとしている状態です。人間が緊張することは自然です。しかし、緊張が持続したり、必要もない緊張があったり、緊張し過ぎるのは体に負担がかかり、余分なエネルギーを使うことになります。それが疲れを呼び、その体の緊張状態が心の緊張状態を生み出していることがあります。そこで、心からのアプローチ(メンタルアプローチ)ではなく、体からのアプローチ(フィジカルアプローチ)をしようと当研究会では試みております。

当研究会では、フィジカル研究として

1.フィジカルマネジメント(体に関すること全般)
2.武術、スポーツ、介護、生活、運動、動作におけるコツ理論(素材)
3.動きの方程式「フィジカルのありよう×重さの力×コミュニケーションのありよう」

の3つの研究を行っております。本ページでは、1番を紹介しております。
その他は、たくみの会紹介ページをご覧下さい。

フィジカルマネジメント(リラクゼーション)

この「リラクゼーション」は心で「やさしく、やわらかく、力を抜いて」と思った通りに「体の脱力・癒し」が実現すればそのエクササイズが出来てしまう、そうでなければ出来ない、つまりは特にパズル的な要素を持ったメニューが多いのが特徴です。本ページではその一部をご紹介します。これを、心と体がシンクロナイズドしなければ出来ないエクササイズということで、名づけて「シンクロナイズド・エクササイズ」です。とても長くて舌を噛みそうなので略して「シンクロ・エクササイズ」です。

これが出来れば、緊張が解れて(ほぐれて)体に何らかの変化が、気持ちに何らかの変化が訪れることでしょう。

指で行う「知恵の輪」も力任せでは到底出来ませんよね。同じくこのシンクロ・エクササイズも体に力が入れば入るほど、まったく出来ない仕組みになっています。

実は私も緊張し過ぎの悩み多き人間でした

私は何を隠そう、人一倍の緊張男でした。パンパンに張っていたって感じですね。頑固で人にすぐ当たるし、言葉もきつく、攻撃的でした。今の私からは誰も想像つかないでしょう。当時を知る人は現在の私にもちろんビックリしていますが、当時を知らない最近知り合った人達は「まさか、冗談でしょう?」とあまり信じてくれません。

仕事中に椅子に座っていても、気が付いたら膝の辺りを力強く机の脚に押し付けていたりと、自然と緊張が持続している変な状態でした。その証拠に目つきもきつかったようです。当時のビデオを見てびっくりでした。当時は、ほぼ毎日武道のトレーニングをしていたので、その筋肉の緊張からではないかとも思いますが、緊張ばかりを強いるトレーニングだったとつくづく思います。また腰痛で体も心も疲れていたということも原因かなと思います。

中々寝付けない感じでしたし、いつもいつも何かに悩んでましたね。頭がズシンと重い感じがありました。

でも自分の武道歴が15年目のころ「こんなに一生懸命に努力しているのに何で天才的な動きが出来ないのか?」と真剣に毎日考えるようになりました。

「自分が天才的にならないのは天才にするカリキュラムではないからだ」と考え、自分で自分を天才にするカリキュラムを考えようと思い、その武道団体を脱退し、自分の研究会を作り、研究を始めたのです。それがフィジカルマネジメント研究会「たくみの会」です。

自分で研究を始めてまもなく(2ヶ月後ぐらいに)、今まで15年間決して出来ることの無かった技がいとも簡単に出来たのです。相手がこちらに逆らっていても力を入れていてもそれを「無力化」する技が出来たのです。その時の私の体が「脱力」していたことに気が付いたのです。その一瞬、人生は変わりました。

あることを実現するためには、ある一点の経路を通ればよい

すべてには適切な手段が用意されている。それに気付く努力をすればよい。

すべての人には才能があり、それを引き出す努力を怠らなければよい。

自分はこれらを伝える使命がある。

そして気が付きました・・・

「体がゆるむと気持ちもゆるむ。悩みがなくなり、自信が湧いてくる」

体が変化しましたねえ。ある日、車に乗っていてハンドルに左右の手を掛けていたんですね、いつものように。

するとハンドルを持つ左の手がスルリとハンドルから滑り落ちて、腿に当たった後、さらに下に滑り落ちてダランとなったんです。最初は「手が変になった。病気?」と驚きましたが、もう一度、ハンドルに左手を戻してもすぐに同じように滑り落ちてしまうんです。右手も試しにハンドルに掛けた指の力をそっと抜くと同じようにストンと落ちました。不思議なことにこれが妙に気持ちいいんです。何回かしているうちに気が付きました。「脱力状態」だったんですね。

それからです。どんどん体の無駄な力が取れていったんです。あきらかに分かりました。体の中がとても健やかで、気持ちの持ち方、考え方がそれに合わせて勝手に変化していきました。

もう一つエピソードをご紹介すると、これも車なんですが、朝、太陽に向かって走ることが当時は日課(つまりは出勤)だったんですが、「太陽がまぶしい」と思いながらの毎日が、「太陽がうれしい」の毎日に変わりました。そう、ギラギラとしか感じなかった太陽光が「きらきら」に変わったんですね。体の緊張がなくなり物理的な光に対する受け入れ態勢が変化したんだと理解していますが、「光がやさしい」んですね。心理的ではなく体感的にですね。今でも、というより、その日からずっとそうですね。光に対する受容性が変化しました。

また、光に対する感覚としては夜の光に関しても宝石のような感覚で感じるようになりました。そう、キラキラしてるんですよね。そんな、たいそうな、とおっしゃる向きがいらっしゃるとは承知ですが、そう感じるからそう感じるんですよ。つまりは、いろんなものの「やさしさ」や「美しさ」に敏感になったということですね。

これも心理的にそう理解してとか、洞察が深まったとかという「心」や「脳」の問題ではなく、勝手に「そう感じる体」になっちゃいました。これはあきらかに「体の緊張が取れて脱力した」結果と考えます。当研究会メンバーの中にもハンドルや光に関して大勢同じ経験をした方がおられますので、間違いないでしょう。

悩みも無くなりました。反対にいろいろチャレンジしたいという欲が出てきました。自信が体の底から湧き上がってくるんですよね。自分には何でもできると体が言うんです。気持ち良い毎日が始まったんですよ。嬉しくて、嬉しくて、楽しくて、楽しくてどうしようもない、って感じですね。

人との接し方も変わりました。相手の意見や雰囲気をそのまま受け入れるという感じでしょうか。その方が自然にこちらも楽になれます。私自身の雰囲気も表情も声も変わりましたね。自分が言うのではなく他の方によく言われるようになりました。

「あれっ、白神さんてそんな話し方、そんな低い声でしたっけ?」と久しぶりにお会いした仕事関係の方に驚かれました。体がゆるんでいますので、今までの緊張した話し方や声ではないという訳です。

でも「変わった」というより「本来の自分」「素のままの自分」が出たというのが正しいでしょう。まっ、ありのままの飾らない自分がまさに「自分らしい生き方」ですよね。それで肩も凝らないし、頭も痛くならないし、考えることはいつも楽しいことばかり、それでいいんですよ。

では、このようにリラックスした私の体が発する当研究会でよく使っているフレーズを紹介します。

「ああ〜自分には出来ない」は「出来なかったという過去」であり、自分の未来に向かってあるのは「出来るという可能性」である。「出来る」ためにはその方法を見つければいい。

天才とは天が与えし才能である。誰にでもある、その才能にいち早く気が付いた人を「天才」と呼ぶ。本人が意識しているかどうかは別にして、それを伸ばす努力をしている人を「天才」と呼ぶ。自分に「天才」がないと思っている人を「凡才」と呼ぶ。どちらの自分が好きかという選択である。何をしたいか、自分がどうありたいかという選択である。要するに好きか嫌いかである。

あなたの前に壁はない、あるとすればそれはあなたが作り出している。いつでもそれは無くすことができる。

思い通りの人生とは思い通りに生きることだ。人生に問題も悩みもない、あるのは希望だ。あなたはどちらの人生がお好きですか?

もちろん、体が行う様々な動きも洗練されていきましたし、「思っている通りに体が動く」ということが実現しました。それにつれて「何かにつけて思った通りに動ける」ということが実現し、「思った通りが気持ちいい」と実感できるようになりました。これを皆に教えてあげたいと思いました。

そしてフィジカルマネジメント研究会「たくみの会」のリラクゼーションコースが生まれました。

できた!動ける!気持ちいい!心と体のシンクロ・エクササイズ

あなたが思っている以上に「思い通りに体が動く」ことは大変難しいことです。これは年齢から来るものではありません。体験の中で「体」が自分の「心」とは別行動を取っている状態が長く続いている証拠です。これが緊張状態です。体を取り戻しましょう。あなたが思っている以上に体は緊張しています。そのことが「中々思うようにならないよね」というあなたのマインドを作り出しているのかも知れません。

すでに1,000名以上が体験したシンクロ・エクササイズ

ポジティブなマインドはポジティブな体から!

体の力が抜けていれば、
体の動きが冴え渡り、
同時に心の動きも冴え渡る。

体に癒しがなければ、
体が冴えていなければ、
緊張が取れていなければ(力が抜けていなければ)出来ない、
体を使ったシンクロ・エクササイズをここに紹介します。

あなたは今、緊張していませんか?

緊張している場合には心の動きも鈍いです。考え方に柔軟性が見られない時の体は緊張に満ち満ちています。もしも心当たりがあれば、是非ともこのシンクロ・エクササイズを試してみては・・・。

このシンクロ・エクササイズは当研究会のトレーニングメニューの中で特にパズル的な要素を持ったものを厳選して紹介しております。

当研究会メンバーの方々の体験談をご紹介!

(注) ここに紹介する感想は、ご本人がそうお感じになったもので個人差がありますので誰にでも当てはまるものではありません。また、ここのすべての人が、当研究会に参加されて直接指導の中での結果です。中には一回目の感想もあれば、長年の参加による感想も含まれています。よって、指導がない状態で、ご自身でシンクロ・エクササイズを行った場合にこの感想にある状態が必ずしも保証される訳ではありません。
  • 白神先生、先日、自己実現セミナーを受けたのですが、私にはどれも当たり前のことに聞こえました。講師からも、どうしてあなたはそういう考え方が普通に出来るのですか?と驚かれました。既に私の体が心と頭を革新させていたことにあらためて気が付きました。企業の中で頭を良く使う人や重要な意思決定をする人達に是非ともこのシンクロ・エクササイズを教えてあげて欲しいです。きっと喜ばれると思います。
  • この間も工程不良の問題が出て、みんなは不良の箇所ばかりを見て、そればかりを論じて、なぜ?なぜ?と言っていたけど、私の体感覚からすれば問題が出た箇所ではなく、その前の工程を見るのが自然なので、それを検討したらすぐに原因が見つかり、改善できました。体が改善ポイントを感じるようになっていました。
  • 最近、友達が考え込んでいるので「どうしたの?」と声を掛けると「○○で悩んでいるんだ。」と悩みを打ち明けてきました。聞いてみるとどれも考えても仕方がないことで、もちろん仕方がないことを考えるから悩みになる訳ですが、自分も以前はそうだったので、それを話して「なるようになるんだよ。それが起きたらその時に対処すればいいじゃないか。今を明るく過そうぜ。」とえらそうに言ってしまいました。自分も以前はそうだったのになぜかほっとけなくて。
  • 空手をやめました。強くなることに興味が無くなりました。誰かと比較するのがつまらなくなりました。自分はどこまでも強くなれるし、今も確かな自信があります。それを極めていくことがおもしろくなりました。格闘技という小さなフィールドではなく人生という大きなフィールドの中での自分を見るように今ではなっています。
  • 起業を決心しました。この研究会を続けていなければ無かった決断です。自分でも出来るのか?という不安も心配もありません。自分の体の中に「自分を信じる自信」がしっかりとあります。体が語っている感じです。お前には出来るよって。体が自由に動くことがこんなに心を強くするとは思いもしませんでした。想像できない状況ですね。体験が一番と思いました。体験しないで語ることは無意味です。
  • 落ち着きが出ましたね。冷静になったということですね。あわてて行動したりオロオロすることが無くなりました。周りからは、落ち着いているね、と言われるようになりました。以前と大違いですね。ゆったりとした思考という感じです。体も心もゆったりですね。
  • これは、人生ですよ。運動というより人生ですよ。
  • 次々と自分のしたいことを実現しています。今までじっとしていたのが不思議なくらいです。こんな私になれて嬉しいです。本当にありがとうございました。
  • 先生、これは家族関係を深めていきますよね。今回、息子と一緒に参加したのですが、このエクササイズをしているうちにとっても仲良くなれた気がしますし、理解し合えた気がします。これはまさに家族の絆を深めますね。
  • 私は実は、笑ったことがなかったんです。でも最近は笑うようになりました。ある日、娘が言ったんです。「あっ、お父さんが笑った。」って。私も嬉しかったです。最近では、職場の中でも笑いながら皆と話せるようになりました。

できた!動ける!気持ちいい!心と体のシンクロ・エクササイズ

ここで紹介するシンクロ・エクササイズメニューです。すべて二人で行うメニューです。

胸十字からの問題解決【護身術風エクササイズ】
両手組みからのV字飛ばし【カンフー風エクササイズ】

では、順に解説してまいります。このページを印刷してそれを見ながら行って頂くと良いのではないかと思います。どうぞ心と体の力を抜いて試してみて下さい。

胸十字からの問題解決【護身術風エクササイズ】

近景:つかまれているあなた

遠景:つかまれているあなた


写真のように胸の前で腕を十字にして、それを相手にしっかりとつかまれている状態にします。あなたが「白いTシャツでつかまれている側」です。つかまれている状態(箇所)がいわゆる「問題」です。相手はしっかりとつかむために、親指を下に向けてつかんでください。

相手の方はあなたが腕を開こうとしたり、動かそうとすればそれを制する役目です。ちょっと試しに腕を開いてみてください。ダメですよね。また、きついでしょう?かなりの腕力差がなければ出来ない感じですよね。

それが違うんですよ。簡単に何の力みもなく出来てしまうんです。出来るというのは、「ほどける」という感じです。自分の腕のクロス(問題)も解けて相手の制する力も無力化(問題が無い状態に)する形で相手をコントロール(問題コントロール)できちゃいます。さてどうするのでしょう?


問題解決にがんばっている I

問題解決にがんばっている II


相手には自分が動かそうとするのを制止してもらいます。その状態を「問題」ととらえます。そこから脱出する、例えば、自分がクロスしている腕が並行になって、逆に相手がクロスしてしまう、など、自分でその状態をコントロールします。どなたでも初めてであれば、自分の腕を開こうと力を入れたり、こねたりと工夫しますが、もちろん全て相手に止められてしまいます。


がんばっていない状態:相手を押しているのではなく自分から離れている状態

*まさに問題が解ける
(溶ける)状態*

ウソみたいに簡単です。
コツは「手首と全身の脱力」
「自分が遠ざかる」

そこから脱出するのは「問題」を避けようとせず「受け止める」ことです。せっかくつかんでくれている状態を壊さないで、そのままの状態にして、自分の体を動かすと、あら不思議、簡単に解れて(ほぐれて)しまい、相手の腕をクロスすることなど簡単、簡単。「問題」そのものは「結果」ですので、「結果」をさわることは出来ません。

因果の「因」である自分の体から動かしていきましょう。この時、ほんの少しでも「手首の変化」があればうまくいきません。それが「緊張」です。最初から緊張がある人はうまくいきませんし、体を動かすつもりでも「体の動きに関係ない手首」が動いてしまいます。自分で「意識」していなくても体の癖で「手首の緊張」が走ってしまうとテキメン、相手がそれを感じて制されてしまいます。自分の手首が緊張無し(リラックス状態)であれば、それに触れている相手の手や腕は緊張することもありませんし、変化することもありません。

リラックスなあなたに触れた相手はリラックスしています。あなたの体が動いていても「持たれている手首(問題)がリラックスしている限り」は何でも出来るのです。肝心な場所だけ動かすことが重要です。必要な時に必要な筋肉が必要な時間だけ動いて、後は休んでいましょう。これこそがリラックスの極意です。

ここがポイントです!  
(悪い例:
相手を押しているのでその緊張を相手が感じて止められる)
(良い例:相手を押すのではなく、手首に緊張を出さずに受け入れて体から遠ざかっている)

左の写真のように、自分の体の位置をそのままにして相手の腕を遠ざけようとしても相手に止められてしまいます。

その下の写真のように「自分の体が相手から遠ざかる」ようにしましょう。
くれぐれも「問題だあー」と一生懸命にならないように。そう、リラックスして受け止めれば自然と解けてくるもんです、問題というヤツは。


完成形に入ります!  
(手首のリラックスと位置は保ったまま相手の側面に回ります)
(相手の側面に完全に回りきった状態)

(相手をリードしてフォークダンスまでできちゃう♪)

「問題」をまったく動かさないで受け入れたまま、自分の手首をその位置に置いたまま、自分の体を手首から遠ざけます。そのまま相手の横に回れば、♪タラタラタラリーン♪とフォーダンスをしてみましょう。「問題」がどこかに解けてダンスまでしちゃいます。

両手組みからのV字飛ばし【カンフー風エクササイズ】

相手に両指を組んでもらう


相手に両手指を組んで前に突き出してもらいます。この腕のラインがV字という訳です。この相手を飛ばします。


相手の両腕に手を添えます


そこにふわりと自分の両手のひらを触れましょう。


やわらかくやわらかく


自分の手のひらも指もまったくの緊張なしにリラックスしてください。


無理に押しても動きません
疲れるばかりですね


これで押してみるとどうでしょう。もちろん、相手は動きません。相手にはがんばってもらってください。だから動きません。それではおもしろくないでしょう。


やわらかく行こうという「心」と
柔らかく動こうという「体」が
シンクロした瞬間です。


さて、「やわらかく」という「心」と「やわらかい」「体」をシンクロさせてください。そう一致です。やわらかい体が相手に触れれば写真のようになるはずです。相手はもちろん協力するどころか逆らっていてもです。


相手が飛んでしまいました

うまくいけば、相手は後ろに飛ばされてしまいます。ビックリするほど後ろに飛びます。とは言っても空は飛びません。あなたの体の動きのエネルギーをそのまま素直に受け入れて、気持ちよく後ずさりする状態です。もちろん相手は自分の意思とは無関係にそうなります(飛ばされます)ので、緊張して頂いていた状態からリラックス状態が生まれます。実は相手が一番気持ちいいエクササイズです。


ずいぶんと遠くへ行ったもんだ

相手の方に肩こりなどがある場合にはこれをされるだけで快方に向かうことがあります。ちなみにこの撮影前に相手の方は「肩が痛くて思い感じ」だったそうですが、これを2回した後は「もう痛みはありません。気持ちいいです。」と喜んでおられました。
体全体の緊張解しにも効果がありますので、これだけで軽い痛みやコリなどが取れた事例もあります。


警告: このエクササイズは写真のように後ろに何もなく、かなり広い場所を利用してください。思いがけないほど遠くに相手が飛びます。相手はもちろんですが、慣れない場合にはあなたも跳ぶ距離をコントロールできません。初めてやっても思いのほか遠くに(写真の程度)飛ぶこともめずらしくありません。家の中では決してしないでください。体育館や運動場のような広さが必要です。公園などでも後ろにベンチなどがあれば相手が怪我をする恐れがあります。お勧めは武道場や体育館です。相手が気持ちよく飛ばされるように十分な広さを確保してからお試し下さい。また、安全を期するためにも「相手の足が浮く」状態までの(自分では感覚がないかも知れませんが)力の出し具合を確かめてから、行ってください

 

ここがポイントです!  
柔らかく触れた瞬間、既に相手はくずれ気味

コツは写真のように本当に優しく優しく触れて、相手の腕のV字に沿って手のひらをすべらせていく感じです。一度おいた手のひらの場所に固執せずに流れに任せてすべったらすべったでいいや、という心積もりが体に緊張を出さずに上手く相手にエネルギーを伝えるコミュニケーションが出来るでしょう。


相手が飛ぶ瞬間

写真はうまく行った瞬間です。危険回避のため、相手の後ろにはくれぐれも何もない広々とした状況の中でお試し下さい。体から発せられる重さのエネルギーはあなたが思っている以上に大きなものですので、想像も付かないほどの距離を相手が移動します。繰り返しますが、場所の広さを考えてからこのエクササイズをしてください。お願いです。広さが十分あれば自分も相手も十分楽しめるエクササイズになっております。



この一連の動きを動画でお楽しみ下さい。うまくいくポイントはもちろん体のリラックスです。手から動くのではなく、体から動いて手のひらで相手に伝えるっていう感じですね。
あくまで手のひらはもちろんのこと腕全体も力を抜けば成功するでしょう。自分の体のエネルギーを相手に伝えるコミュニケーションといったところでしょうか。一回目の撮影と二回目とどちらを掲載しようかと悩んだのですが、結局どちらも参考になると思い2つとも掲載しました。

真のだらだら(力がうまく抜けている癒し状態)が大切!?

いかがでしたか?心と体はシンクロしましたか?リラックスできましたか?
これが出来たらリラックスしているでしょう。リラックスしていたら出来たでしょう。リラックスした体でなければ出来ないエクササイズになっていますので。

すぐには出来なくてもちょっと時間のあるときに、お友達と家族とパズルを解いてみてください。くれぐれも「一生懸命」は禁物。だらだらと行いましょう。でもでも「無闇にだらだら(意外なところに力が入っている状態)」では出来ませんよ。「真のだらだら(力がうまく抜けている癒し状態)」が実現すれば出来ると思います。

その瞬間、あなたの体は癒される。あなたの心がリラックス。

 

会員限定セミナーの案内・会員限定無料動画が観られる!
「たくみの会ねっと会員無料登録」はこちらから。ここを今すぐクリック!

「この呼吸法は今迄のと次元が違います。3呼吸のみで奥底から変わってくる。(男性)」
あなたもこの感覚を是非! 「フィジカルマネジメント」はこちらを今すぐクリック!

もの凄い衝撃を受けました(男性)」「このDVDはすごいです(男性)」
熱い感動が続々届いています。最強素材【触感123】はここを今すぐクリック!

介護から古武術を知りました(男性)」
7つの素材を惜しむことなく公開「介護動作セミナー」はここを今すぐクリック!

 

 

現在、YouTubeにてたくみの会の動画を公開しています。どうぞご鑑賞下さい。
http://jp.youtube.com/user/TimeMizuki

フィジカルマネジメント研究会「たくみの会」の詳しい紹介はこちらのページへ

 

「自分マネジメント」についてのお問合せはこちらへDig up!

人はどんどん伸びていく